保険保証する後遺障害

交通事故でけがを負った場合は、加害者が被害者への慰謝料などで、その治療費を負うのが原則です。しかし、双方が被害者でも加害者でもある交通事故や、車に同乗したことが原因で被害を受けている場合は、誰が治療費を支払うのかが難しい問題に変わります。これを第三者行為による被害と呼んでいます。

まず、自賠責保険の面から考えると、過失割合に応じて、責任の重い方が相応の慰謝料や保険金の支払いを行い、治療費を支払うのが基本的な考え方です。健康保険を適用して治療を受けている場合でも、自由診療で高額な医療費がかかっていても、この考え方に相違はないでしょう。ただし、加害者側に十分な支払い能力がない、保険に加入していないなどの問題があれば、支払いは望めない場合も考えられるでしょう。

健康保険を利用して後遺障害の治療をする場合は、加入している健康保険組合に傷病届を提出することで、医療費を一時立替る救済方法もあるので、相談してみましょう。また、通勤途中や仕事中に自動車事故で怪我をすると、健康保険ではなく労災保険の適用となり、対応方法が変わります。保険の種類によって後遺障害の扱いが変わることもあるので、十分に確認するのが理想的です。