第三者からの後遺障害

車同士が事故を起こした場合はお互いが被害者であり加害者にもなります。車が単独で事故を起こした場合に同乗者が怪我をする場合もあるでしょう。これらは「第三者行為による傷病」と分類され、所定の手続きによる保障を受けることができます。もちろん、すぐに完治する怪我や病気だけでなく、改善の見通しが低い後遺障害についても同様の事が言えます。

このサイトでは、第三者による危害で起こった後遺障害を補償してくれる制度を紹介しています。交通事故などで後遺症が残った方の中には、治療費が金銭的に負担となっている方がいますので、役立つ情報となれば幸いです。制度を利用するには一定の条件や提出書類もあります。

健康保険を適用して、第三者による危害で織った後遺障害の治療をすることは出来ますが、届け出をしないと対応が難しくなるケースもあるので注意が必要です。病院の窓口で相談することも可能ですが、自動車事故の対応言慣れていない病院の場合は説明が不十分になることもあります。社会保険事務所などで専門的な説明を聞いた方が安心でしょう。

仕事中や通勤途中では、他の保険が適用されるため、この場合の相談先は、勤務先企業となるケースもあります。第三者による危害で後遺障害が起こっても、その原因がいつ起こったのかによって、利用できる制度が異なることも把握しておきましょう。

後遺障害は、今後の治療にも長い期間がかかる可能性が高いので、治療費の負担を軽減するための保障をしっかり受けられるようにするのが最善策だと言われています。